ニキビケアジェルのジッテプラスってどう?

しつこい背中ニキビを撃退するニキビケアジェルのジッテプラスですが、公式サイトなどでは背中ニキビばかり強調されているように見えます。もしかして背中以外のニキビ対策には使えないのでしょうか。

人間の体で最もニキビが出来やすい場所は顔ですから、大人気のジッテプラスが顔ニキビにも使えればいいのに…、と考える人は多いようです。

背中は皮脂の分泌が比較的多い一方で乾燥しやすく、肌のバランスが不安定になりやすい場所です。ジッテプラスは背中の特殊な皮膚環境に特に着目して開発されたニキビケア製品です。そのため背中専用のニキビケア製品のように思われがちですが、実際は背中以外の全身はもちろんのこと、顔にも使うことができます。公式サイトにもはっきりと、顔を含む全身に使用可能であると明記されています。

ジッテプラスは皮脂のバランスを整えながら肌の保湿を行い、ニキビの治りをサポートしながら同時にニキビができるのを防ぎますが、この効果は背中の皮膚だけでなく全身どこでも同じです。背中以外にもニキビが気になる場所がある方は、ジッテプラスで同時にケアすることが可能です。

顔ニキビが気になる方は、是非ジッテプラスを顔にも使ってみてください。まずはジッテプラスの口コミをチェックしてみてはいかがでしょうか?

化粧品に使われている界面活性剤の種類?

界面活性剤というと、洗剤を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、界面活性剤は、汚れを包み込んで浮き上がらせる働きがあるため、洗剤や口紅、ファンデーションなどの化粧品にも使用されています。

物質の界面に働きかけて、本来ならなじまないものをなじませることができる物質である界面張力を大きく弱めることができるのが、界面活性剤です。

界面張力が弱まることで、同じものでまとまろうとする力が弱まり、なじみやすくなります。化粧品も、多種類の顔料をなじませていきますから、この作用は大変効果的といえます。

一口に界面活性剤といっても、イオン性界面活性剤と非イオン性界面活性剤の2つがあります。これらの違いは、水に溶けたときに、分子の一部がイオンになるかどうかの違いとなります。

また、レシチンやサポニンは天然の界面活性剤で、食品添加物の認可を受けているものもあります。

化粧品で使用する理由は、洗浄や起泡、乳化、分散、可溶化、帯電防止、殺菌などの目的で使用されます。ロコイド軟膏

油溶性の液体と水溶性の液体をムラがないように混ぜ合わせるには、大変効果的な物質で、乳液やクリームなどの使用感を向上させたり、角質層にまで浸透しやすくなります。

また、顔料や紫外線反射剤などの粒子を、ムラなく均一にちりばめて、機能性をあげるためにも、必要な成分となります。

化粧品にも含まれているということに驚いている人も多いかもしれませんが、基本的に洗う目的以外で配合されているものの量は少なく、健康に害を与えることはほとんどありません。

もし、避けたい場合には、パッケージの全成分表示で、使っているかどうかを確認することができます。

多汗症は体臭もきつくなる。多汗症=体臭の理由について

多汗症は自律神経のバランスが乱れ、大量に発汗することで生じるものです。ストレス、緊張、プレッシャーなどが引き金となることが多く、日常生活に支障を及ぼすほどの発汗があります。

事務職をしている方だと、書類を汗で濡らしてしまうことも多いと言います。日常生活の中でも、特に仕事に影響を与えてしまうので改善させる必要があるでしょう。

そして何より体臭が強くなってしまうので、体臭対策としても多汗症は抑えていく必要があります。

多汗症になっても、体臭の原因物質が増えるわけではありません。ただ、汗が多くなることで雑菌が繁殖しやすくなるので、これによって体臭が強くなる部分はあります。ファリネ

体臭が気になる部位というのは、総じて発汗量が多いものです。わきの下、デリケートゾーンなどは特に蒸れやすく、臭いが強いはずです。

これらの部位にはエクリン汗腺ではなく、アポクリン汗腺が存在しています。
そのため通常よりも体臭が強くなりやすく、ベタベタした汗になるのも特徴です。

多汗症を解消した方は、わきが、すそわきがなどがかなり解消したと言います。
例えば、わきがの臭いは非常に強烈ですが、雑菌繁殖さえ抑えればほとんど臭わないのです。

そのためには発汗を抑える必要があり、わき下を常にサラサラにしておけば臭いはほとんどありません。

多汗症を解消すればコンプレックスが解消することで、メンタル面も安定してきます。それにより多汗症がさらに改善し、わきが・すそわきが対策になるのです。

 

 

大人ニキビは恥ずかしい・・・対策に必要な洗顔の習慣とは?

大人になってからニキビができる方は、生活習慣の乱れやストレスなどが原因の場合があります。大人ニキビは顔や首、肩やお尻などさまざまな部位にできるため、できるだけニキビができないように改善していくことが大切です。

不規則な生活や運動不足などでも、肌に対しては悪影響になることもあるため、規則正しい生活を心がけることも大切です。また、運動をあまり普段からしないでいると、代謝機能、血流などに悪影響がでるため、代謝機能を維持し、また血流を改善するために、適度に運動をする習慣を身に着けましょう。

また、ストレスによって自律神経やホルモンバランスを乱すことになり、これもニキビの原因につながることがあります。ストレスはできるだけ溜めないように、気分転換をしたり、定期的にストレスを解消できるように、休日などは、遊びに出かけたり、ドライブしたりと自分が楽しいと思えることをして、ストレスを軽減することも大切です。

 

大人ニキビを予防するためには、スキンケアも大切です。洗顔で、肌の汚れや皮脂、汗などを洗い流し、清潔な状態を保ちましょう。毛穴を詰まらせる原因となるため、定期的に洗い流すことが大切です。ですが、洗いすぎると肌荒れの原因になることもあるため、適度に洗い流すことも重要なポイントといえるでしょう。シナールはニキビ跡に効果なし?

洗顔後は、肌が乾燥しやすい状態のため、化粧品などを使って、肌に潤いを与えること、またしっかりと保湿をすることが大切です。

まちがいの多いニキビケア用品:サッパリが売りのニキビケア用品

大人ニキビのケアとして、肌を清潔にサッパリさせるために洗顔回数は多いほど良いと考えている人も多いかもしれませんが、洗顔のしすぎは肌を乾燥させてしまい、乾きをフォローしようと、肌が皮脂をどんどん分泌してしまい、逆にオイリー肌になってニキビができやすくなってしまいます。

また、ニキビの芯を爪で無理やしつぶしたり、パック剤で吸引するのも、毛穴が裂傷を起こして広がってしまい、クレーター状になってしまうので、やめた方がよいでしょう。

 

そのほかにも、椿オイルやオリーブオイルは、保湿や抗酸化作用もあるからといって、オリーブオイル入りの石鹸を使用している人もたくさんいますが、オリーブオイルがたくさん入っている石鹸は、オレイン酸がアクネ菌を育ててしまう場合もあります。ノンエー石鹸の効果

また、角質を取り除くため、ニキビを直接スクラブでこすってしまうと、肌を傷めてニキビを悪化させてしまうので、おすすめできません。

スクラブ洗顔は、ニキビ予防にはとても効果的ですが、ニキビができていたり、炎症を起こしている場合には、スクラブ洗顔は控えた方がよいでしょう。

 

そのほかにも、乾燥するからといって、冬場、背中や胸にボディクリームを塗ると、油分がニキビの原因となってしまうので、ボディ用のニキビケアローションを塗るとよいでしょう。

なかなか治ってくれない大人ニキビは、毎日の正しいスキンケアをすることで改善させることができます。

大人ニキビには、保湿が非常に大切です。肌を保湿することで皮脂の過剰分泌を抑制でき、ニキビの悪化を防いだり、ニキビそのものを予防することができます。

 

ヤクルトが血圧を下げる飲み物として販売している商品?

ヤクルトが高血圧対策として販売している商品に「プレティオ」があります。

プレティオは、2004年の11月に販売を開始し、現在でも多くの高血圧に悩む人たちに愛飲されている実績のある商品です。

プレティオには、γ−アミノ酪酸(GABA)が1本100ml中に10mg含まれています。GABAには、血圧を下げる飲み物として効果があることが古くから良く知られています。痛風に悪い食べ物

このGABAを自社保有の乳酸菌株を利用して、効率良く製造する方法を確立しました。

乳製品乳酸菌飲料の一種なので、飲みやすい味で飲むヨーグルトのような感覚で飲むことができ宅配商品ですので、毎日の継続も容易だと好評です。

ヤクルトで高血圧対策が出来るの?と不思議ですが、実際に、ヤクルトではプレティオを販売する前に3回にわたるヒト試験を行っていて、その結果、毎日1本ずつ飲み続けることで血圧が低下することが確認されています。

また、高血圧対策飲料にありがちな「空咳」の心配がないことも、ヤクルトの高血圧飲料の特徴です。これまで副作用の空咳が嫌で薬や対策飲料を避けてきたという方にとっても、安心して飲める飲料になっています。

ヤクルトの高血圧対策飲料「プレティオ」は国がその効果を認めたトクホ商品です。スーパーなどの他、宅配で購入することができますので、お近くのヤクルトレディに相談してみてはいかがでしょうか。

水虫治療薬を使用する際の注意点?

 

水虫を治療する薬は、薬店で手軽に買えますが、使い方には気をつけて下さい。最近の水虫治療薬は、効果の高い成分が配合されていて、正しい使い方で使用していれば、市販薬でも十分な治療効果が期待できます。

何日か薬をつけてみても、効果が感じられない時は、水虫ではない可能性が高いので、薬の使用をいったん止めて、数日おいてから皮膚科にかかって下さい。

水虫に効果的な薬を使っていると、検査を受けても白癬菌が見つからない事が多いので、何日か経過してから受診するようにして下さい。

 

水虫の患部がただれている時は、白癬菌以外の菌に感染している事も考えられるので、市販の水虫薬を使うのは危険です。必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

薬店で購入した水虫治療薬を、小さなお子さんに使用することは避けてください。こどもの身体は大人とは違います。

たとえ外用薬でも、皮膚の内部に薬が吸収されてしまい成分が全身に回ってしまうことがあります。乳幼児の場合も、必ず皮膚科を受診して下さい。

水虫の治療薬を選ぶときは、名前などに惑わされず、自分の水虫の症状に良くあった薬を選ぶことが大切です。

有名な薬だからと言って、誰にでも同じ効果が保証されるわけではありません。薬店の人に良く相談するなどして、慎重に薬を選ぶようにしましょう。

参考記事 リンデロンVG軟膏について