雨漏りしてきた・・

7e23cab9f3e248aabd14c96e71d8b454_s

先日の大雨で家の天井から雨漏りがしました。
そこまでひどくはありませんが天井の隅っこの方が少し濡れています。
このまま放っておくと良くないので雨漏りを補修してくれる業者さんを探すことにしました。

でも、どこに頼めばいいのか分からなかったのでネットで調べることに。
色んな業者さんのホームページが出てきましたがどこがいいのかさっぱり分かりません。

いくら値段が安くても手抜き工事されたら嫌だし、かといって値段が高額でも困ります。
安くて良心的な業者さんを見極めるのは素人では出来ないです。

途方に暮れていると防水工事の一括見積りサイトを発見。
さっそく問い合わせ見ると地元の良心的な防水業者さんを無料で紹介してくれることが分かりました。
対応してくれたスタッフの方の話によると防水工事はしっかりとした工事をしないと後から後悔することになるそうです。
手抜き工事をする業者さんもいるようなので怖いですね。

その後、3社の業者さんに家に来てもらって見積もりを頼みました。
どの業者さんもとっても親切で良かったんですが、
特にその中の1社が値段も安く良心的な感じだったので工事をお願いしました。

工事期間は2週間ほどで終了。しっかりとした工事で大変満足しています。
お陰様で雨漏りも収まり大雨が降っても安心です。

スマホと視力低下の関係

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

スマホを毎日何時間もしていると視力低下の危険があります。

特に夜眠る前などに暗い部屋などで使っていると目の疲れも一層ひどくなったり、睡眠の質が低下する事にもつながります。

 

ではなぜスマホをやりすぎると視力が低下するのでしょうか?

これはスマホを長時間見続けることで目の筋肉が凝り固まってしまうためです。

 

目には遠くを見たり近くを見たりするためのピント調節をする毛様体筋と呼ばれる筋肉があります。

 

遠くを見る時には、この毛様体筋がリラックスします。

逆に近くを見る時には毛様体筋は緊張します。

 

スマホを長時間見続けることで毛様体筋が緊張して凝り固まってしまい、遠くを見る時にもリラックスすることができなくなり、ピント調節がうまくいかなくなります。

 

ちょうど普段運動しない人が急に無理な運動をすることで筋肉痛を起こしているようなイメージです。

 

このような毛様体筋の緊張状態が続くと凝り固まった筋肉が元に戻らなくなり、視力の低下につながります。

 

これはスマホに限った事ではありません。

読書やDSゲームなど、近くの物を長時間見続けることで同じことが起こります。

 

特に、小学生や中学生のお子さんの場合には親御さんが気をつけてあげて下さい。

子供の視力低下が問題になっていますが、昔のように外で走り回って遊ぶ機会が減り、室内で勉強やゲームや読書などをすることが多くなったことも原因の一つです。

冬物衣料の正しい保管方法

bc9f465a7bcc75ac8fc3756ceff1f2bb_s

4月は衣替えのシーズンです。

冬の時期に着ていた洋服をクリーニングして保管する方も

多いのではないでしょうか。

 

そこで冬物の正しい保管方法についてお話しします。

まず気を付けなければいけないのは直射日光と湿気の問題です。

 

直射日光は洋服の色あせの原因となり、

湿気はカビの原因となります。

 

どちらも洋服にとっては大きな問題ですね。

お気に入りの1着が色あせたりカビが生えたりすると大変です。

 

そこで、洋服をクローゼットに保管する際には、

直射日光の当たらない、湿気の少ない場所に保管して下さい。

 

もし、湿気の気になる環境であれば、

除湿剤を利用することをお勧めします。

 

さらに、換気に気をつけることも大切です。

天気のいい日にクローゼットを開放して湿気を取り除くのもいいですよ。

 

クリーニングに出した場合には、ビニールは必ず外して下さい。

そのままの方がホコリも付かないから・・

と言う理由で保管されている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ビニールを被せたまま保管すると湿気の原因となり、

着ようと思った時にカビだらけ。

そんなことにならないためにも必ずビニールは外して下さいね。

 

また、セーターなどたたんで収納する場合には、

あまりぎゅうぎゅうに詰め込まないようにしましょう。

 

詰め込み過ぎると防虫剤の効果が低下して

虫食いの原因になります。

 

そんなこと言われても場所の問題が・・

と言う方もいると思います。

 

その場合には、衣類用の圧縮袋を利用してはいかがでしょう。

防虫効果も期待できるので一石二鳥です。

 

冬物の保管をしっかり行い来シーズンに気持ちよく

着ることができるようにしましょう。