化粧品に使われている界面活性剤の種類?

界面活性剤というと、洗剤を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、界面活性剤は、汚れを包み込んで浮き上がらせる働きがあるため、洗剤や口紅、ファンデーションなどの化粧品にも使用されています。

物質の界面に働きかけて、本来ならなじまないものをなじませることができる物質である界面張力を大きく弱めることができるのが、界面活性剤です。

界面張力が弱まることで、同じものでまとまろうとする力が弱まり、なじみやすくなります。化粧品も、多種類の顔料をなじませていきますから、この作用は大変効果的といえます。

一口に界面活性剤といっても、イオン性界面活性剤と非イオン性界面活性剤の2つがあります。これらの違いは、水に溶けたときに、分子の一部がイオンになるかどうかの違いとなります。

また、レシチンやサポニンは天然の界面活性剤で、食品添加物の認可を受けているものもあります。

化粧品で使用する理由は、洗浄や起泡、乳化、分散、可溶化、帯電防止、殺菌などの目的で使用されます。ロコイド軟膏

油溶性の液体と水溶性の液体をムラがないように混ぜ合わせるには、大変効果的な物質で、乳液やクリームなどの使用感を向上させたり、角質層にまで浸透しやすくなります。

また、顔料や紫外線反射剤などの粒子を、ムラなく均一にちりばめて、機能性をあげるためにも、必要な成分となります。

化粧品にも含まれているということに驚いている人も多いかもしれませんが、基本的に洗う目的以外で配合されているものの量は少なく、健康に害を与えることはほとんどありません。

もし、避けたい場合には、パッケージの全成分表示で、使っているかどうかを確認することができます。